ここではRWINの大きさによってどれだけ速度が変化するのか、試してみました。

      測定情報 : 2003/04/05(土)朝8時頃〜9時頃に計測、雨風が強いですね。
      すべて直結、MTU=1454、ウィルスソフトなし、P4 3.06G HT OFF Win2000 SP3
      デフォルトにDr.TCPでMTU、RWINを書き換え。OSの高速化やソケットバッファ等は
      入れてません。
( 現在は、Dr.TCPではなく、NetTuneを使用してます )


去年よく使った、RWIN=520352での結果です。この日は260176より若干遅いですね。


これは今年になってよく最高値を出したRWIN=260176の結果です。


RWIN=130088でも、結構出ますね。一番中途半端な数値なので私はあまり使いません。


一番問題のない65044で測定。やはり130088より速度が出ませんね。


Win2000のデフォルトであるRWIN=16384で測定するとこんな速度ですね(笑)。

*********************************************************************

主な回線のRWIN推奨値

   回 線 名      RWIN推奨値
 USEN (Gyao光)    256960
 Yahoo ! BB 光    256960
 ひかりone    261360
 K-Opti    261360
 Pikara    261360
 BBIQ    260176
 コミュファ    260176
 Bフレッツ    260176
 光プレミアム    257232

    BBIQ や コミュファは当初のMTU値は1492でしたが、現在は1454です。
    従って、RWIN値はBフレッツと同じになりますので。

    また、上記はあくまで推奨値であって、絶対的なものではありません。
    1Gbps回線の場合は、上記の8〜16倍の数値が良いようです。